DEPARTMENT STORE

SKM Xinyi Place A8 Renewal Project by Knott

新光三越百貨店台北信義新天地店 A8館 改装プロジェクト

2008年 初めて当社が「新光三越信義新天地 A8館」2F・3Fの大型改装を手掛けた。それから10年間の間で次々と当社にて地下2階から地上7階までの、9層すべてのフロアーを戦略改装のデザイン・設計を行う。

 

「新光三越信義新天地 A8館」の総売場面積は約8700坪である。(ちなみに日本一の売上を誇る「新宿伊勢丹本店」の総売場面積約9400坪)10年間で各フロアーの環境デザイン、自主編集売場、建築も含めて外部のエントランスの再計画、2階3階回廊のファサード再計画や、4階外部テラス(320坪)公共環境の整備、各フロアーのサービス環境の整備(トイレ・サービスステーション)など百貨店の売場に関わるすべての部分の設計に携わる。

 

ちなみに、2007年当社が初めて新光三越の依頼を受け、百貨店の環境デザイン・インテリアデザイン業務を開始した。その記念すべき最初の物件は「新光三越台中中港店」5F メンズフロアーの全面改装の業務であった。それと同時にこの「信義店」そして「高雄左営店」の新築立上げなども行なっている。

世界No1の商業施設激戦区の台湾・台北信義区

0.5平方km(800m×620m)の中に7社の百貨店が立ち並び世界一の密度を誇る。オーバーストアと言われ続ける中でも、2019年商業施設が2館オープンし、今もなお拡大し続けている商業地区である。

 

信義区は元々日本統治後以降広大な空き地であった。1980年に当時の台北市長 李登輝 が都市計画をスタート。市政府が完成すると「震旦大樓」「中国信託」「中国石油」「国泰金融中心」「統一国際大樓」などの台湾を代表する企業が続々と本社ビルを作った。さらにMRT(地下鉄)が完成するとまず百貨店第一号「新光三越A11館」がオープンする。当時は「新光三越 信義店」と言った。

 

2001年に「新光三越信義新天地 A8館」オープン、一躍脚光を浴びることなる。現在も「新光三越信義新天地 A8館」は信義地区で1番の売上を誇る。その後は続々と「誠品書店」「阪急百貨店」「微風デパート」「遠東百貨店」など続々と商業施設の開発ラッシュとなり、現在に至る。新光三越はA4館、A8館、A9館、A11館と4館有る。

「新光三越 信義新天地 A8館」Renewal Project by Knott のあらまし

当社が全館担当して設計した内容を各階ずつ俯瞰したアイソメトリック図で表示した。1階の大きさは、長さ130m×幅48mの長方形の区画なので、各階商品構成を考えた詳細な動線計画を何度も確認して進めた。各階のデザインは各階のリンクから見てください。

台北信義新天地店 A8「7F Home Electronic & Kitchenware Floor」

6階・7階は二つのフロアーを「Urban Experience House(憧れのライフスタイルを感じる住宅)」というテーマで体験型の新しいライフスタイルを感じる売場を目指したデザイン・設計をした。

 

最上階の7階は元々半分がイベントホールで有り、天井高が7メートルと2フロア分有り、その高さを活かした空間デザインを行なった。中島区画は全てセレクトショップ環境として全体の統一感を図っている。

台北信義新天地店 A8「6F Beauty & Aroma Floor」

6階は3MD(アロマフレグランスコーナー、ドリンク&グッズ、ベッド&グッズ)をそれぞれ明確にしつつ、全体をオーガミックで上質な雰囲気を感じながら暮らしのセンスを体験できる

台北信義新天地店 A8「5F Kid’s Floor」

2020年12月 オープン。コロナ以前から企画・設計を手掛けていた4階・5階のキッズフロアーと4階外部テラスまでを含む(総面積3000坪)の全面リニューアル。突然、台湾に行けなくなりオンラインでプロジェクトを最後進めていったプロジェクト。5階は子供が楽しめる空間を目指した。

台北信義新天地店 A8「4F Kid’s Floor」

2020年12月 オープン。コロナ以前から企画・設計を手掛けていた4階・5階のキッズフロアーと4階外部テラスまでを含む(総面積3000坪)の全面リニューアル。突然、台湾に行けなくなりオンラインでプロジェクトを最後進めていったプロジェクト。4階は大人が楽しめるキッズフロアーを目指した。

台北信義新天地店 A8「3F Men’s Floor」

メンズフロアーを2つのコンセプトに再編集しデザイン。

台北信義新天地店 A8「2F Ladie’s Floor」

「新光三越百貨店・信義旗艦店A8館2階」外部共用通路建築工事も含め全面大規模リニューアルを手掛けました。レディースファッションフロアーの全面改装と、MRT信義駅から101方面に行くための外部回廊スペースの全面改装を行う。

台湾の最大ショッピング地区と言える台北信義圏における様々な商業施設を繋ぐ「アベニュー」をコンセプトにリニューアル行なった。人々が行き交い、物が動く常に新鮮であり続ける場所をイメージし、 日常の中で何気なく最新を感じる事の出来る様な新しいショッピングスペースを目指した。

台北信義新天地店 A8「1F Cosmetic Floor」

Ladies Shoes & Accessories ゾーンのリニューアルプロジェクトを手がけた。天井と柱の高さを上手く利用し、ダイナミックな空間を生かしたデザイン。ゾーン全体として「Timeless Elegance(タイムレス・エレガンス)」がコンセプト。

台北信義新天地店 A8「B1F Young Casual Floor」

台北信義新天地店 A8「B2F Food Court & Food Floor」

新光三越の信義旗艦店のA8館のフードフロアの環境設計とコーナーデザイン。アーバンヴィンテージな雰囲気を取り入れ、食の文化を感じられる空間を提案した。ナチュラルな素材にモダンな素材を加える事で、都会的な雰囲気とリラックスした気分を感じられる上質な空間を演出している。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました