DEPARTMENT STORE

SKM Taichung 6F Kid’s Floor

新光三越百貨店台中中港店 6F

新光三越 台中中港店6階 「Kid’s Floor(キッズフロア)」の1500坪のフロアー全面大規模リニューアルを手掛けた。「Miracle Kids House(ミラクル キッズ ハウス)」をコンセプトに新しいキッズフロアーを手掛けた。

 

「Wear&Shoes(衣料品)」「Toy(玩具)」「Gift(ギフトグッズ)」の3カテゴリーに1500坪の空間を分け、それぞれ全く違ったデザインを展開することで子供も大人も驚きを持って楽しめる空間を作った。「Culture Room(ママや子どもたちの為の文化教室)」「Baby Room(ベビールーム)」「Kids Shoes(子どものシューズセレクトショップ)」も全て新しくデザインした。

「Magic Kid’s Room」

Wear&Shoes(衣料品)ゾーンは「Magic Kid’s Room(魔法の子供部屋)」がテーマ。魔法の世界に入ってしまったのかような空間を曲線の形状で大胆に表現。

「Happy Kid’s Room(ハッピーキッズ シアター)」

Toy(玩具)ゾーンでは、「Happy Kid’s Room(ハッピーキッズ シアター)」がテーマ。巨大な円形のリングの中心が劇場になっている。楽しいカラフルなリングたちが、それにあわせる流線な床と一緒に劇場の賑やかさとハッピー感を演出している。

「Sweet Baby Room(カワイイ ベビールーム)」

「Baby Goods・Gift Goods(ベイビーグッズ・ギフトグッズ)」のコーナーは、お母さんの目線を意識した「Sweet Baby Room(カワイイ ベビールーム」がテーマ。中央に有る、赤ちゃんのための小屋がシンボル。子供も遊べる場所を設けたり、大人も子供もワクワクする、遊び心くすぐる魅力的な空間。

「KIDS SHOES(キッズ・シューズ)」

30坪のキッズ・シューズのセレクトショップ。子供が空想する「ミラクル・ショップ」がコンセプト。りんごの木が有ったり、鳥が飛んでたり、お店のなのか?森なのか?街なのか?子どもの目線で「ものごと」を考えて見た空間。

 

「子どもに靴を試着させるのがいつも大変!」という話しを聞いて、なるべく子供が楽しんでもらえる店作りを目指した。

「Baby Room(ベビールーム)」

全台湾でも最大規模のベビールーム。外の賑やか売場とは対象的に落ち着いた雰囲気を作った。リラックスして滞在してもらえるように、落ち着いた雰囲気を作る。照明の明るさ、見え方にもこだわっている。

「Kid’S BAR(キッズ バー)」「Kid’S Play Wall(キッズ プレイ ウォール)」

「Kid’S BAR(キッズ バー)」「Kid’S Play Wall(キッズ プレイ ウォール)」など1500坪も有る広大なフロアーに遊び心のあるスペースを随所に設けた。

 

「Kid’S BAR(キッズ バー)」は子どもが大好きなお菓子を自分で買えるように、小さいカウンターを設けた。色々な壁面をを利用して、色々な子どもの遊び場も作り、子ども自身が飽きない仕組みを随所に作った。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました